Rachmaninoff Symphonic Dances Op. 45/ラフマニノフ 交響的舞曲 作品45

Rachmaninoff Symphonic Dances Op. 45/ラフマニノフ 交響的舞曲 作品45

拉赫曼尼諾夫為後期浪漫樂派的代表作曲家之一,作品深受俄羅斯民族音樂的影響,蘊涵俄羅斯民族音樂的素材,具有憂傷情懷的音樂風格,內容多表現俄羅斯民族音樂的特徵,和聲結構包含後期浪漫樂派與俄羅斯音樂的和聲進行特徵,音樂體現人性內在悲傷情感的特殊風格。「交響舞曲,Op. 45」總譜。

出版社: 音楽之友社
商品編號: OGT259
作 者: Sergei Rachmaninoff
編訂者: 森垣桂一
庫存狀況: 尚有庫存
NT1,166 NT912
購買數量: 加入購物車

作品番号を付された最後の作品。アメリカ亡命後、ピアニストとしての絶え間ない演奏活動の合間に、ドイツ軍の進撃、パリ陥落などのニュースに心を痛め、命を奪うことになった不治の病と闘いながら、驚異的な集中力で作曲が進められた。第1曲には交響曲第1番、第3番、絵画的練習曲の「鐘」、組曲第2番からの引用が認められ、第3曲ではロシア正教の鐘の響きから始まり、グレゴリアン・チャントのディエス・イレと「晩祷」第9曲からの引用が全編を貫き、最後はふたたび交響曲第1番からの引用で締め括られる(引用に関しては解説者作成の「構造表」を付す)など、人生の総決算とも言うべき色合いに満ちている。ニューヨーク郊外にあった別荘の近くには、振付家のフォーキンが住んでおり、ホロヴィッツらとともに作曲家の試演を聴き、バレエ化を構想したと伝えられる。初演は1941年、オーマンディが指揮するフィラデルフィア管弦楽団によって行われた。


【 お詫び 】

2016年3月に刊行いたしましたミニチュア・スコア『ラフマニノフ 交響的舞曲 作品45』の楽譜本文167ページに、以下のような不備があることが判明いたしました。 

第3曲:楽譜本文167ページ第359小節の第4~6拍(6/8拍子)
ホルン、トランペット、タンブリン、ヴァイオリンⅠ・Ⅱ、ヴィオラ、チェロ、
コントラバスの各パートの記譜音が欠落


上記商品第1刷をお買い求めくださいましたお客様のにおかれましては、下記までご連絡いただけますようお願い申し上げます。良品と交換させていただきます。
大変ご迷惑をおかけ致しますことを深くお詫び申し上げます。 

03―3235―2091(音楽之友社・営業部)


1 交響的舞曲 Op.45 【スコア】 
作曲:ラフマニノフ


出版日期2016/04/30
ISBN9784276921870
廠商條碼4510993571808
總頁數174
記譜法五線譜(一般)
原文語言日文
特徵西洋古典
古典作曲家Rachmaninoff, S. 拉赫曼尼諾夫
時期與風格浪漫主義
裝訂平裝
形式
外型尺寸特殊小尺寸

Loading...
Loading...